印鑑を贈るシーンについて

印鑑を贈るシーンについて
縁起の良い印鑑ですので、お祝い時に贈ると喜ばれます。

生まれたお子様に

生まれたお子様に

お子様の一生もののプレゼントとして。お子さんに、お孫さんに。
実印、銀行印、認印などがおすすめです。


お誕生日のお祝いに

お誕生日のお祝いに

15歳、18歳などお誕生日のお祝いに。一人前の証として。
また初めて自分用の通帳を作るときのためにご用意を。
読性の低さで偽造されにくいデザインです。


お子様の門出に

お子様の門出に

お子さんやお孫さん、親族の方の卒業祝いや入学祝いに。
使いやすい実印、認印などがおすすめです。


結婚のお祝いに

結婚のお祝いに

二人の新しい門出に。婚姻届をはじめ、印鑑を使う機会が増えます。
親御さんから、友人からのお祝いとして。
印鑑証明用の実印、銀行印などの印鑑がおすすめです。


成人式のお祝いに

成人式のお祝いに

成人祝として、親や祖母祖父よりのプレゼント。
一人前の証としてしっかりした印鑑を。
実印、銀行印、認印などがおすすめです。


就職のお祝いに

就職のお祝いに

就職祝いとして、親からのプレゼント。
日常的に印鑑を使用する機会が増えます。
認印や銀行印などがおすすめです。


一人暮らしのギフトに

一人暮らしのギフトに

親元を離れ、一人暮らしをする子供や姪、甥など、親戚に。
親御さんから叔父叔母、伯父叔母からのプレゼントとして。
日常使いやすい認印や銀行印などがおすすめです。


会社の設立祝いに

会社の設立祝いに

新しい会社をたちあげた友人や、ご家族、ご親戚に。
新しい会社にふさわしい印鑑を。
会社用の実印、銀行印などがおすすめです。


ギフトの目的に合わせて印鑑の種類やセットをお選びください。

京都 京印章 トップへ